teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2011年 1月 5日(水)20時30分18秒
  お滝が病気であったわけではない。玄甫先生は、お滝に、医師シーボルトの診察を受ける日本人の患者のサクラになって欲しいと熱心に口説いたと推測される。  
 

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2011年 1月 3日(月)20時07分33秒
  玄甫先生は、お滝が、シーボルトの患者の第一号になってくれるのであれば、内緒で、お小遣いをあげる。お滝は、外見上は、シーボルトの患者の第一号になるけれど、シーボルトの話し相手になるだけでよい。と玄甫先生は、お滝を熱心に口説いた。

 

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2011年 1月 2日(日)20時04分42秒
  お滝とその両親は、玄甫先生の申し出を、はじめは、とんでもないと断った。しかし、玄甫先生は諦めなかった。玄甫先生は、医師シーボルトの長崎市内での日本人の診察を軌道に乗せるには、これしか方法がないと思ったからである。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2011年 1月 1日(土)18時41分55秒
  玄甫先生は、単刀直入に、お滝が、シーボルトの診察を受ける患者の第一号になって欲しい、つまり、お滝が、シーボルトの患者のサクラになって欲しい旨、お滝とその両親に、心をこめて懇請したと推測される。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月31日(金)20時12分40秒
  玄甫先生は、その対策を取ったので、医師シーボルトの診察を受ける患者は、今後は、少しづつ増えるであろうことなどをお滝とその両親に率直に話した。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月30日(木)18時46分13秒
  医師シーボルトが、お滝の実家から近い、長崎市内の楢林、吉雄両蘭方医宅で日本人患者の診察を始めること、診察を希望する患者が思うように集まらないことなどを話した。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月29日(水)20時07分19秒
  玄甫先生は、お滝の実家を訪ね、お滝の両親とお滝に対し、最近、出島のオランダ商館に着任した医師シーボルトは、27歳の好青年であること、目鼻立ちが整い、覇気に満ち、着任早々、長崎奉行から特に許され、出島を出て、日本人の患者の診察を始めることなどを話した。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月28日(火)19時50分6秒
  弥兵衛の家は、銅座跡、現在の銅座大通りの右角、元前田紙店があった付近にあった。玄甫先生の家と弥兵衛の家の距離は、直線で図ると50メートルほどであり、きわめて近く、近所同士であった。

 

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月27日(月)20時33分0秒
  玄甫先生の家は、現在のダイエー銅座店花屋付近にあった。お滝の実家の楠本弥兵衛の家は、こんにゃく屋を営んでいた。弥兵衛の店のこんにゃくは、「銅座こんにゃく」と呼ばれて、長崎市民から親しまれていた。  

シーボルトとお滝さん 再開

 投稿者:岩田祐作メール  投稿日:2010年12月26日(日)21時14分11秒
  玄甫先生は、お滝が幼いころから知っており、顔を合わすと、あいさつを交わしていた。そして、玄甫先生は、世間話をするなどしていたので、お滝の気心を知っていたと推測される。  

レンタル掲示板
/19